フェアリー・ヒーリング・ブログ

7/7

聖なる巡礼 〜ペルーへ〜 真実の愛を受けとり愛の源泉となる

Posted by with No Comments

 iStock_000003860977XSmall

こんばんわ。。よしこです。。

 

来週金曜日からにしきと二人でペルーへ聖地巡礼に出掛けてきます。。

今は、その準備で大忙し。。

 

せっかく素晴しい聖地へ向かうのですから、現地のエネルギーを皆さまにも味わって頂きたくて、

今回もグループ遠隔ヒーリングを行うことにしました。。

そして今回は、このステキなスピリチュアルジャーニーを皆さまと一緒にと考え、

遠隔リトリートを企画しました。。

つまり、皆さまは現地へ向かわずして私たちが訪れるお好きな聖地のエネルギーをお選び頂き、

そのエネルギーを手にいれることができるのです。。

是非、この時空を超えた不思議な感覚を味わいください。。

 

わたしたちは、ペルーの首都リマから移動してまずは聖なる川ウルバンバ川に沿って

広がる聖なる谷からリトリートをスタートさせます。

まずは、ピサックという村へ移動してそこでは現地シャーマンのお宅へホームステイ。。

そこで、いろいろなシャーマニックな学びをします。。

それから、聖なる谷にあるオリャンタイタンボという村では、愛の神殿を訪れます。。

ここは、ステキな愛の伝説が残っているところで、この地のエネルギーが

愛に満たされています。。

 

 

インカ帝国の時の将軍は国王の娘との愛の為に、命をかけて神殿を創ります。

なぜかというと、二人の恋は切ない禁じられた恋だったからです。

国王に二人の仲を大反対されていたのです。

それでも、二人の愛は強く、国王は諦めさせるために、無理な提案をしてきます。

それは、かつてアセンション前にレムリア人たちが創りかけていた神殿を

完成させることができれば二人の結婚を許すというものでした。

ただ、当時のインカ帝国の技術ではかつてのレムリア人たちが

持っていた素晴しい技術とは比べようもない程の差がありました。

それでも、二人の愛がミラクルをおこし国王を納得させる程の

神殿を創り上げたというのです。。

そうして、二人は国王の許しを得て見事結ばれたのです。。

 

 

なんてステキなお話でしょう。。

真実の愛に不可能なことはないのです。。

愛はすべてを可能にするのです。

愛はすべて。。

そんな、二人のラブラブのエネルギーが何世紀も経った今でも、この地に溢れている。。

 

 

ここの石は、愛のピンク色をしています。。

ここの石は、愛のピンク色をしています。。

 

 

私たちは、そんなラブパワー・愛のエネルギーをたっぷりと体感し、

そして皆さまへとお届けします。。

愛し、愛されるというこの甘いエネルギーを受け取られた方はきっと、

そのエネルギーに溢れて愛の源泉のようになり、真実の愛と出会う

ことでしょう。。

 

 

だけど。。

その前に、あなたはそんな真実の愛を受け取るための邪魔をしている不要なブロックを

抱えていませんか?

そんな方は、「スペシャルグループ遠隔ヒーリング」をオススメします。。

これは、この聖地に流れる聖なる水でチャクラ、オーラ、細胞レベルから不要な恋愛ブロックを

クリアリングしてゆくセッションです。。

是非、このチャンスに不要なエネルギーブロックを浄化してはっぴぃ・らいふ

を手に入れましょう。。。

 

 

王女が浴場として使っていたというところ。。

王女が浴場として使っていたというところ。。

 

詳細・お申し込みはこちらからどうぞ。。

↓         ↓

次回は、マチュピチュでのグループ遠隔ヒーリングの詳細をお届けします。。
今宵は七夕。。
ステキな夜を。。

 

 

 

 




Tagged with:

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です