オーラとは

■オーラはエネルギーフィールド

生命エネルギーが、体のなかに位置するチャクラ(エネルギーセンター)を通ると、各チャクラからエネルギーが放出され、エネルギー・フィールドが体の周りに層状に形成されます。

このエネルギーフィールドのことを「オーラ」とよびます。

オーラは、健全な状態のとき、きれいな卵型で体を取り巻いています。

オーラは、私たちの精神的な状態、魂の成長、そのときの波動に影響を受け、オーラの色、形、「重い、軽い」などの質感がそのときどきに変化しています。

つまり、オーラはその人の状態を事細かに物語っているのです。

■オーラの7層

オーラは、一般的に7層に分けてとらえることができます。
オーラの第一層から第三層までが肉体の層です。また、第五層から第七層まではスピリチュアルな層です。そして、真ん中の第四層が、肉体の層とスピリチュアルな層をつないでいます。

オーラの7層は、それぞれ役割が異なっています。

オーラの第一層は、肉体の維持・生存とかかわりがあるところです。お金の状態はどうか(余裕があるのか借金があるのか)、食事はちゃんととれているのか、雨露をしのぐ場所はあるのか、などの実生活に基づいた情報が蓄積されています。また、大地としっかりとつながっているか(グラウンディング)もここに示されます。

オーラの第二層は、喜怒哀楽の感情、セクシャリティとかかわりがあるところです。自らの男性性/女性性とどうつきあっているか、ブロックはないか、恋愛の相手とどういう関係にあるのかなどの情報が表現されています。

オーラの第三層は、三次元の現実世界でエネルギーをどのように使っているかが表現されます。近い将来にどういう現実創造を生み出そうとしているのか、肯定的で望ましい現実創造なのか、否定的で望ましくない現実創造なのかが表現されます。また、そのときどきの行動や思考などの情報もあります。

オーラの第四層は、自分を愛すること、そして他者を愛すること、さらに「すべてはつながっている」という意味でのワンネスに関係します。魂の愛の大きさ、輝きなどがここに表現されます。

オーラの第五層は、コミュニケーション能力と関係します。親、子ども、仲間などの三次元的な人間関係に加え、ハイヤーセルフとのスピリチュアルな交流のスキルなどもここで見ることができます。家族の問題や職場での問題、人間関係への態度などが第五層に現れてきます。

オーラの第六層は、直感能力、透視能力などの情報や、魂の成長の度合いなどの情報が含まれています。

オーラの第七層は、ハイアーセルフとのつながりが表現されます。ハイヤーセルフと緊密につながって導きをもらっているのか、それともハイヤーセルフとずれているかなどが表現されます。

なお、各層には、いろいろな過去生に関する画像や現状に関する画像、さらには魂の契約など多数の情報が蓄積されています。

■オーラの色

オーラのそれぞれの層には、色があります。
よく「あの人のオーラの色は○○」などといいますが、1つの層をとっても、実際のオーラの色はいくつかの色が複雑にからみあっていて、ひと言ではいえないのが本当のところです。
1つの層に関してもそうなのですが、オーラは7層あるので、さらに複雑になっています。
1つの層に最大で3つの色があるので、7層全部では最大で21色にもなります。

なお、オーラの色をはじめ、質、形状などは、その人のそのときの状態によって変化していきます

また、どの層にどのような色があるかによって、その意味合いが変わります
これをヒーラーが透視して、その意味をお伝えします。

■現実創造とオーラ

オーラはさきほども述べたようにエネルギーフィールドです。
「エネルギー」を言い換えるとそれは「波動」なので、オーラは波動の塊だととらえることができます。
皆さんもご存じのように、波動が現実を創造していますから、波動の塊であるオーラは現実を創造しているといっていいのです。

オーラというと何色かに興味を持たれる方が多いのですが、オーラはそれだけにとどまらず、私たちが何者であるのか、そして私たちがどのような創造をしようとしているのかを示す、情報の宝庫であるといえます。

それだけオーラは、私たちにとってとても重要なのです。

http://fairyhealing.attraction-method.net/product/aura/