レイキ

レイキとは

レイキは20世紀の初頭、臼井甕男(ウスイミカオ)先生が京都・鞍馬山で感得された
「愛と光に満ちた宇宙エネルギー」のことです。

それは、高次元から発せられる「愛の波動」であり、純粋な「光」のことです。

私たちの心身が大自然(大宇宙)との波長と合わなくなったとき、
心身に不調が出てきたり、快くない出来事が起こったりします。

そんなとき私たちは、宇宙の壮大な流れから分離してしまったのです。

「本当の自分」に回帰させ、宇宙との繋がりを再度行う。

心身の不調があれば解消し、手放すべき不要なエネルギーをリリースし、
魂の成長が促進されていく。

それがレイキです。

臼井先生は、「人生とは何か?」という大きな探求に取り組まれていました。

禅の修行をされ、師に答えを求めたところ「一度死んでごらん」と言われ、
それから先生は「もはやこれまで」と覚悟し、21日間断食と瞑想を行いに鞍馬山にこもりました。

断食業の21日目に、臼井先生は突然、落雷を受けたような衝撃、一大靈氣を頭上に受けられたのです。そのときに、臼井先生は宇宙の靈氣と体内の靈氣が相互に交わり、実は大宇宙と肉体はまったく同じものであるという悟りを得られました。

つまり、「宇宙全体が私の内に存在し、宇宙の内に私が在る」

「私の内に光明が存在し、光明の内に私が在る」ということを自分のなかで確信していく。

これが、レイキです。

レイキは宇宙の叡智。そして、私たちはレイキエネルギーに触れることによって、
「すべては『ひとつ』」だということを思い出すことができるのです。

レイキの伝授を受けて、レイキエネルギーを流してゆくようになると、
人は、自己浄化、自己開示が始まってゆきます。

そうなると玉ねぎの皮が一枚いちまい剥がれてゆくように、
自分の内面にある、不要なエネルギーをどんどんと手放してゆきますので、
そのうち、覚醒へと到達してゆきます。
つまり、悟りを得てゆきます。

そのとき、その人は本当の自分自身へと回帰していて、
「はっぴぃ・らいふ」を満喫することができるようになってゆきます。

レイキの素晴らしさ

レイキを行うことによって、普段はそれと明確に認識しないでいた神聖な宇宙エネルギーを体感し、ヒーラーもヒーリーもエネルギーのバランスがとれていきます。レイキは代替医療としても世界中で注目されており、心身ともに病気が回復したり、健康が促進されたりなどの報告がたくさんあります。
レイキエネルギーが流れていくことにより、自らに対しての深遠な理解や覚醒、あらゆる浄化が起こり、自己成長へと進んでいきます。

「靈気」という漢字が示すこと

漢字で「靈氣」と書きます。

これは旧字体で、雨が落ちる様子を象形化しています。
雨は天からの恵み、そして多くの口で神の力を表し、神事を司る巫(みこ)の字を加えて「靈」という字ができたそうです。
「靈」は、神や神々しく尊いもの、神聖なるもの、慈しみなどを意味しています。

「氣」は、四方に溢れるエネルギーを象形化したものです。

それゆえ、「靈氣」という言葉は最高次元の聖なる宇宙エネルギーを指しています。
靈氣エネルギーが肉体レベルだけではなく、魂レベルにまで深い癒しを与え、変容を施すのはこのエネルギーの性質ゆえなのです。

レイキ・ヒーリングとは

臼井先生は、感得したエネルギーを多くの方の癒しに用いられました。
そしてそれは、大正時代の日本のなかで一大ムーブメントを沸き起こしました。

臼井先生は、誰もがこのエネルギーを平等に扱えるように、エネルギーを伝えていくことを決意されました。それが形を変えて、現在のアチューンメント(後述)となっています。

その後、レイキヒーリングは臼井先生から20名の方々へ直接伝えられました。そのなかのお一人だった林 忠次郎先生からハワイ在住だった高田はわよ先生へと伝授され、そこから世界中へと広がっていきました。

そして今では、イギリスでは健康保険が使えるほどに国民の日常に深く根ざしたものにまでなり、欧米でもとても有名な代替医療となりました。

欧米では、「TUNAMI」「SUKIYAKI」と並んで、「REIKI」という言葉は有名な日本語になっています。

アチューンメントとは

アチューンメントとは、レイキマスター(ティーチャー)によって行われる、レイキ回路開きのプロセスのことです。

レイキでは「レイキエネルギーは誰にでも平等に与えられる」と考えます。

特別な訓練や修行をしなくても、アチューンメントをしていただくことによって、体内のエネルギーの通り道(チャネル)をきれいにし、レイキエネルギーの回路を開いてもらうことが誰でもできるのです。そして、その日から自由にレイキエネルギーを扱うことができるようになります。

そのため、一度アチューンメントを受けると、レイキエネルギーが失われることはありません。

シンプルで簡単に扱うことができるのに、とても奥深い、愛と光のエネルギー。

宇宙の限りない愛の波動を、レイキによって感じてください。

レイキの10大特徴


修行・訓練が不要。誰でもアチューンメントを受ければ、レイキエネルギーを受けて自分にも相手にも流すことができる。


永久にレイキエネルギーのパワーが失われない。極端に力が落ちない。


ヒーリング中(レイキを行っているとき)に強力な注意集中が不要。


氣を入れたり、抜いたりする必要がない(エネルギーの自動調整)。さらにエネルギーを流せば流すほど、エネルギーに溢れてくる。


相手の邪氣を受けにくい。


時間・空間を超えた遠隔ヒーリングが、簡単に身につけられる(セカンド・ディグリー以上)。


他のテクニック(瞑想、ヒーリングなど)と無理なく併用できる。相乗効果が生まれる。


信じようが信じまいが、必要に応じてエネルギーが流れる(信仰不要)。


レイキは、あなたが持っている素晴しい本質を向上させる(自己成長)。


効果・実践例が具体的かつ豊富。

カルナレイキ

「カルナ」とは

「カルナ」とは、サンスクリット語で「限りなき愛の海からもたらされる慈悲・慈愛」を表し、人々の苦しみを解消するあらゆる行為を意味します。

カルナは、地上の苦しみに終焉をもたらそうと働いているすべての高次の存在(enlightened being)を動かしている本質です。 彼らは常に、無限の癒しのエネルギーと導きを私たちに送っていますが、誰もがそれを受け取れるわけではありません。
カルナを身につけることにより、他の人々を救うだけでなく、すべての高次の存在から送られてくるカルナをより多く受け取ることができるようになります。

したがって、癒しも加速され、癒しの能力が強まります。
カルナレイキによって、あなたはすべての高次の存在と、より親密になることができます。ガイドやエンジェル、ハイヤーセルフとの遭遇を経験し、他の高次の存在からの癒しの実感を感じます。

カルナレイキ®とは

アメリカのウィリアム・リー・ランドと数人のレイキマスターのチャネリングにより得られた11のシンボルと、臼井レイキのマスターシンボルを含めた12のシンボルを使って高次のエネルギーを流すレイキの方法です。
カルナレイキ®のエネルギーは、全体に広がるような感覚がある臼井レイキとは異なり、臼井レイキよりもさらに細かく分かれているシンボルのひとつひとつが、はっきりとした特徴を持っており、より細やかに深い部分に浸透し、非常に強いヒーリング効果を発揮します。

強力なグランディング効果
細胞レベルに組み込まれた強烈なトラウマや過去生から持ち越してきた記憶・カルマの癒し
無意識の思考パターン
ネガティブエネルギーのリリース
幾度と繰り返される恐怖心の癒し

などの浄化が起こり、また自分のなかにある癒しのエネルギーがさらに高まります。

また、マスターシンボルにはオーラを浄化し安定化させ、クラウンチャクラを開くシンボルや母なる大地へ繋がるシンボル、チャクラのバランスを瞬時に整えるシンボルなどがあります。

カルナエネルギーのアチューンメント、ヒーリングを受けた人の多くは、ガイドやエンジェル、ハイヤーセルフ、観音、キリスト、聖母マリア、クリシュナ、仏陀、その他高次の存在との感動的な出会いを経験しています。また、それら高次の存在からの癒しを実感しています。また、多くの方が、臼井レイキよりもパワフルだと感じています。

さらにスピリチュアルに目覚めていきたい方、本当の自分を探求している方にも素晴しい体験となるでしょう。
エネルギーは単にヒーラーからヒーリーへ流れるのではなく、二人を包込むような、またピンポントにレーザー光線のように働きかける感覚があります。

自己ヒーリングによってあらゆる浄化が進んでいきます。ヒーリング時には、臼井レイキシンボルも同時に使えます。
なお、カルナレイキ®は臼井レイキのレイキサード・ディグリーまでを修了された方が受講の対象となります。

カルナレイキシンボルの特徴

★カルナレイキ®【1】
#1
・霊的麻酔効果(痛みを味わうことなく癒す)
・細胞レベルを癒す
・過去生の問題を癒す
・トラウマ(幼少期からの問題)を癒す
・ヒーリングのさい、大天使ガブリエルの援助を求めることができる。

#2
・強力なヒーリング効果
・無意識のパターンを癒す
・シャドウセルフ(自分の奥に隠れている本当の自分)を癒す
・濃厚なネガティブエネルギーさえも拡散、消失させる

#3
・心を愛で満たす
・人間関係を癒す
・よい習慣を身につける
・中毒を癒す
・霊的存在(聖母マリアや観音など)にコンタクトする

#4
・グラウンディング(地に足をつける)効果
・下位のチャクラを開き、注意力、集中力をもたらす
・頭をクリアにする
・部屋のネガティブエネルギーを取り除く
・上位チャクラと下位のチャクラを調和させ、決意と完成を創造する

★カルナレイキ®【2】
#1
・ハイヤーセルフとコンタクトし、気づきをもたらす
・学習能力(ダンスや武道などあらゆるスポーツ、楽器の演奏、勉強やテスト)を改善する
・コミュニケーションを癒す
・創造性を増す

#2
・グラウンディング効果
・ゴールを達成する
・優先順位を設定する
・人類を癒す

#3
・自分の力を取り戻す
・相互依存を癒す
・現実感を癒す
・あなたのゴールを強化する
・地球を癒す

#4
・人生に対する信頼を生む
・不眠症を癒す
・恐れとパニックを癒す
・最高の結果を示す
・透視能力を強化する

★カルナレイキ®マスターシンボル
#1
・すべてはひとつであることを象徴し、私たちをそれに繋ぐ
・オーラを浄化、保護、密閉し安定化させる
・クラウンチャクラを開き、高次の意識への路が開く

#2
・母なる大地のアース・スター・チャクラへと繋ぐ
・霊的目的のセンタリングとグラウンディング効果

#3
・チャクラを結合する
・すべてのチャクラとエネルギー体を瞬時に整える

#4
・臼井マスターシンボル

 

私とレイキ

私がレイキと出合ったのは、今から7年前のこと。
そのころの私は、すでに魂の探求の旅を始めており、自他をともに癒すテクニックを求めていました。

何気なく母と一緒に参加したエレメンタルヨガ(肉体的ストレスの解消から心身の統合まで、幅広く向き合っていくヨガ)のクラスの先生が、レイキ伝授をしてくださると聞き、すぐさまサード・ディグリーまで申し込みました。

そこで初めてエネルギーというものを実感し、目に見えないけれど、とてもパワフルなエネルギーに感動しました。

レイキエネルギーを流すと、お水やお料理、ワインなどの味を変えることができたり、自分自身の怪我ややけど、筋肉痛などのダメージをヒーリングすることができるようになったのです。

つまり、自分の手でエネルギーを変容することができるようになったのです。

そして遠隔で友人、大切な人々にヒーリングエネルギーを送ったりすることができるようにもなりました。

それからの私は、風邪を引いて寝込むこともなく、薬を使うこともなく、また病院に行く機会も減っていきました。

レイキアチューンメントののちに21日間の浄化期間というものがあります。
これは、アチューンメントでレイキの回路を開いていただき、その後21日間自己ヒーリングをしていく期間のことです。
その21日間の間に自分の浄化が行われていくのですが、私は少し面白い体験をしました。21日間の後半のある日のこと、そのころ独り暮らしの私は、真夜中に目がさめました。お水を飲もうと、キッチンに行き、リビングのソファーに座ってお水を飲もうとした瞬間、自分の第三の目のチャクラが、はっきりと目の前に現れてきたのです。それはきれいな藍色をしていて大きく、輝いています。あまりにもはっきりと現れたのでびっくりしたのですが、恐いという感じはなく(私独りだけでした)、ただただその美しさに魅せられていました。そして、なんともいえない至福のなかに漂っていました。
私はただ

「自分の浄化期間はこれで終わったんだな。準備が整ったんだな」

そう感じました。

もちろん、これはあくまでも私の体験です。人それぞれ、皆様お一人おひとりが違った体験をします。
浄化期間に必ず何かが起こるというわけもありません。
それも、人それぞれ。
それでも、レイキエネルギーはアチューンメントを受けられた方に平等に、同じように流れていくのです。

それから、1年程たったでしょうか。
私の人生のなかで大きな変容期がやってきました。
ある日突然、最愛の母が脳卒中で倒れてしまったのです。
その後、母は植物状態となり、ベッドで寝たままとなってしまいました。

あのころ、私が母にできることはただただ母の枕元でヒーリングを行うことでした。。
私は毎日毎日、欠かすことなく、フェアリーたちや高次の存在たちと一緒に母にヒーリングを施していました。

レイキをかけてフェイシャルマッサージをすると母は、至福に包まれているような表情をしてくれます。
もちろん、母は自分の意志で指ひとつ動かすことができない昏睡状態にあったのですが、そんな表情をしてくれたり、
ときにはうっすらと涙を流してくれました。

自分がレイキプラティクショナーであったことにどれほど感謝をしたことか。
本当にレイキを学んでいてよかったと思いました。
愛する人を癒すことができる喜びをかみしめていました。

もしレイキを知らなかったら、私はただオロオロして、私たち母娘に降り掛かった災難を嘆き悲しむ日々をずっと送るだけだったでしょう。

一方、突然最愛の母がそんな状態になってしまったことに、私自身がとてもショックを受け、傷ついていました。
レイキはそんな自分自身もどんどんと浄化して、癒しを与え、自己成長をどんどん促してくれました。

そして2013年、私はこの素晴しいレイキエネルギーを少しでも多くの方々に正しく伝えよう、リレーしようと決意し、「レイキ伝授セミナー」をスタートさせました。

海外へ旅行するたびに、「REIKI」の看板を掲げたヒーリングサロンをよく見かけます。今では世界中にたくさんのレイキマスターの方々がいらっしゃるのです。

レイキは日本で生まれた日本の伝統のヒーリングです。
日本でレイキマスターを育て、私たち日本人が正しくレイキを使いこなせるようになること、臼井先生が本当に伝えたかったことをリレーしていくこと、そしてレイキを通して日本という国の素晴らしさを世界中の方々にお伝えできたらと思っています。

最近の記事

PAGE TOP