フェアリー・ヒーリング・ブログ

12/10

冬至の遠隔ヒーリングセッション「ヴォルテックス・ドリーム」

Posted by with No Comments

19883791_s-

こんにちは。。

 

今年のあなたは自分の望む現実を引き寄せていましたか。。

 

たとえば。。

゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜・*:.。. .。.:*・゜・*:.。. .。.:*・゜

あなたにぴったりとフィットするステキなパートナーと出愛、幸せな家庭生活を送る。。
自分の魂が喜ぶ、やりがいのある仕事と出愛、毎日がイキイキとしている。。
経済的にも、精神的にも豊かになり、自分のやりたいことをいつでもできる。。
一切の恐れや、不安のない穏やかな日々を過ごしている。。

゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜・*:.。. .。.:*・゜・*:.。. .。.:*・゜

 

 

そんな風になれたらいいけど。。

でも、わたしには無理かな。。

そんな風に思った?

 

だとしたら、それは
あなたの中に自分が幸せになることにOKを出していない
部分があるからだと思うよ。。

 

なぜ、OKを出せないのかな。。

 

それは、あなたが自分に100%自信を持っていないからだと思うの。。

だから、わたしには無理。。

となってしまうのね。。

 

 

「そうしたいけれど、いつでも、100%自分に自信を持つということは難しい。。」
「自分では、そのつもりで振舞っているけど潜在的にはやっぱり自信がないかな。。」
「まだまだ完璧に自分に自信を持つことができない。。」

 

 

そんな風に感じますか?

 

今年の冬至の遠隔ヒーリングセッションのテーマは、

「自分に自信を持つ」ということです。。

なぜなら、いまわたしたちはそこをちゃんと見て、向き合っていく時期に来ているから。。

 

自分を信頼し、自信を持つ。。

そこを考える時に、まず重要なチャクラは第三チャクラです。

第三チャクラのバランスがちゃんととれていない人は、

自信過剰でエゴが強く出すぎてしまい、周りの人も自分もともに疲れてしまう。。

または、自信がなくて、自分を肯定することができない。。

いつも、自分がどのように評価されるのか、周りの人の目が気になってしまう、

または、他人にOKをもらわないと、自分を認められない。。

 

となります。。

このように、第三チャクラのバランスが悪いとどうしても波動が下がってしまいますので、
望む現実を引き寄せることが難しくなってしまうのですね。。

 母なる地球のチャクラ:.。+゚:.。+゚

わたしが冬至に訪れるオーストラリアの「ウルル」は、

地球の第三チャクラに相当します。

わたしたちのこの美しい星、地球にもチャクラがあるのですよ。

「ウルル」は、エネルギーの交点でもあるヴォルテックスでもあります。

なので、「ウルル」はエネルギーセンターであり、エネルギーが出たり入ったり

としているとてもパワフルな場所です。

ゆえに、パワースポットと呼ばれているのです。

アボリジニの人々は、ここを聖地と呼びました。

 

そんな「ウルル」は、わたしたちの第三チャクラのバランスを整えてくれ、

活性化してくれます。

 

なので、今年の冬至の遠隔ヒーリングは、あなたの中にある

自分が幸せになることにOKを出していない部分、

へとダイレクトに働きかけ、

自分を認め自信のあるあなたへと変容させていきます。

 

年末のこころの大掃除:.。+゚:.。+゚

その前に、オーストラリアの沿岸にやってくる野生のドルフィンに

わたしたちのこころの大掃除をやってもらいますよ。。

これは、年末のこころの大掃除です。。

あなたがもし、何かの問題を抱えているのだとしたら、

それを教えてください。ヒーラーよしこがドルフィンに伝え、

そこを集中的にヒーリングしてもらいます。。

 

さあ、もうすぐやってくる、新しい年を新しいピカピカのあなたで迎えましょう。。

そして、2015年はあなたの望む通りの最高にはっぴぃな一年にしましょう。。

 

聖地巡礼の遠隔ヒーリングセッションは、毎回

参加していただいた方もご一緒に、遠隔で聖地巡礼を行っています。。

 

ご参加の方は、居ながらにして、聖地のエネルギーを取り入れ、

変容してゆくことができますよ。。

 

どうぞお楽しみに。。。

 

詳細はこちらをどうぞご覧くださいね。。
↓       ↓       ↓
冬至の遠隔ヒーリングセッション「ヴォルテックス・ドリーム」




Tagged with:

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です