フェアリー・ヒーリング・ブログ

10/4

「許す」ことについて。。。

Posted by with 11 Comments

こんばんわ。。よしこです。。

 

誰でも、一人や二人は許せない人がいると言います。。

 

「許す」ってどういうことなのでしょう。。

 

私の大好きなエイブラハムはこう言っています。。

 

「許すとは、あなたが抵抗していたエネルギーを元の流れに戻すこと。。」

 

そう、許しとは相手の問題ではなく、あなたの問題なのです。。

 

許すことができないのは。。

 

あなたがそこにずっと居座って、こだわり続けているということ。。

 

執着はどんな時でもよくないものですね。。

長年、許せないというエネルギーを持ち続けてガンになってしまう人も少なくありません。。

以前にご紹介したDVD「ユー・キャン・ヒール・ユア・ライフ」のルイーズ・L・ヘイも

そうでしたね。。

彼女が、その許せないというエネルギーを手放した時に、彼女のガンも消滅していました。。

許せないというエネルギーは私たちをどんどんと「ハッピィ・ライフ」から遠ざけてゆきます。。

 

自分の波動が悪くなったのを、人のせいにすることはできません。。

自分の波動は、周りではなく、自分で整える責任があります。。

なので、あなたにこう言ってください。。

「私は私を愛しているから、もっと気持ちのよい状態でいたいし、

もっと波動を高くしていたいわ。。」

許せないというエネルギーはソースからのエネルギーをブロックしてしまうのです。。

だから、あなたが許した瞬間に、あなたは大きなソースのエネルギーを取り込むことになるのです。。

 

そして、これは覚えておいてください。。

 

許しとは、無条件の愛そのものなのです。。。

 

 

 

 




  1. ヒラソル
    2012年10月5日 at 12:42 PM

    今の私たち家族にぴったりのメッセージです。

    ありがとうございます。

    母は、長年の、嫁にきたときからのうらみつらみを今もおもいつづけ、自分は犠牲者であると、そして、その思い出で詰まった家をうっぱらってしまいたいと。。。そして、その長年のうらみつらみが
    、いま、進行がんというかたちになってでています。今、治療中ですが、母には、「その恨みが病気になって出たんだから、もう、お母さんが苦労したのはよくわかったから。お医者さんに病気おとなしくなるようにしてもらっているから、もう、その恨みは言わんとき」、とやさしくなだめるようにしています。

    方や、私は、長年、母から、小さい時から、言葉の虐待を受けてきていました。きっと、当時の母のストレスのはけ口がわたしだったのでしょう。そして、私は、母のせいで、自分はこうなってしまったとおもいつづけていま(す)した。でも、もう、私も大人だし、母からいわれた残酷な言葉はしょうがないこと、”あきらめ”ようと心に決めていました。そして、それでも、母をとても愛していることには変わりはないのです。今は、母はもう、先はあまり長くない、そして、異様なくらい、母がふびんで心配で、だから、できるだけのことをしてあげたいと、一生懸命になっている自分がいます。

    でも、つい、先日、ある本をよんで、どっかに、あきらめの心を伴いながら、母を看病することと、無条件に愛して母を看病することはちがうと。「あきらめ」から「許し」=「無条件の愛」への変更。わたしにとっても大事なきづきです。かといって、具体的に、わたしが、仕事も自分の人生計画も変更して、母を最優先させるかはなやみどころで。。。じつは、20年勤めた会社を春に早期退職することにしています。すすこしゆっくりして、そして、よしこさん、にしきさんとおなじく、サンティアゴでコンポステーらのカミノにいって自分を見つめなおしたい(もともとスペイン好きですし)、そして、いままでのような、頭で考えた賢明な方向の人生の選択ではなく、こころが欲する方向で人生を選択して生きてみたい、わたしらしい生き方を模索したいとおもっていたのですが。。。それができないを、また、母のせいに私はしているのでしょうかね。私が犠牲者意識をもっているのでしょうかね。タイミングがわるいうか。あかん、私が癌になる。難しいです。よしこさんん、なにかかよい突破口はないでしょうか。(長い文章になってすみません)

    Reply
    • よしこ
      2012年10月5日 at 6:55 PM

      ヒラソルさん。。
      コメントありがとうございます。。
      お母様のお見舞い申し上げます。

      まず、お母様は本当にお辛い思いをされてきたのでしょうね。。
      お母様が「許す」ことができたら、どんなに楽だったでしょう。。
      そして、例えお母様がどんな事を言ってきても、どんな態度をとられたとしても、やはりお母様を愛さずにはいられないのでしょうね。。だって、そこには無条件の愛があるからです。。それが無条件の愛です。。
      ただ、病人の介護者はとても大変です。たくさんの癒しを必要とします。。なので、ヒラソルさんは、ご自信をとてもとても愛してさしあげる必要があります。。介護の為に自分が犠牲になるというようなことでは、せっかくの愛が無駄になってしまいます。。
      そして、それは病人にとってもありがたいことではないと思います。
      あれやこれやと考えずになるようになる。。宇宙に委ねてみてはいかがでしょうか。。
      宇宙はいつもヒラソルさんを応援していますよ。。

      Reply
      • ヒラソル
        2012年10月6日 at 12:03 AM

        よしこさん、

        お返事ありがとうございます。

        そうなのですね。私は、すでに無条件の愛を与えられる人間だったのですね。それを知っただけでも、救われます。嬉しいです。

        そうですね。いっぱい考えちゃってます。宇宙にゆだねて、少し肩の力をぬいて、自分を癒すことをわすれないように気をつけます。

        よしこさんの優しさ、愛、が身にしみます。ありがとうございます。

        Reply
  2. ヒロ
    2012年10月5日 at 1:55 PM

    許したいし、全ては自分なのだから許せるし、もう自分は許したなぁ~と、ゆったり穏やかに感じていても、ふとした瞬間に相手に対する制御できない怒りや嫌悪感が湧いてきますo(>_<)o
    既に、よしこさんのおっしゃる「許した瞬間」は訪れたと思っているのですが・・・違うのでしょうか。

    Reply
    • よしこ
      2012年10月5日 at 7:00 PM

      ヒロさん。。
      コメントありがとうございます。。
      それが、同じ相手に対してそういう風な感情がわいてくるのだとしたら、まだヒロさんの中に許せていないエネルギーがあったのですね。
      それに気付いたらただ、そっと手放してあげたらいいんです。。
      そして又大きなソースのエネルギーを取り込んであげてください。。

      Reply
  3. ヒロ
    2012年10月5日 at 11:05 PM

    ありがとうございます。
    やはり許せていないのですね。
    許したいのに許せない。
    怒りが湧いて来る時は、いつももどかしくなって自分を責めてしまいます。
    これからはもっと穏やかに、「そっと手放す」方を選ぼうと思います。

    Reply
  4. くっちゃん
    2012年10月7日 at 7:39 AM

    よしこさん、こにちは。
    ブログの内容とは関係ないのですが、質問があります。
    私は昔ぐれていて、親やお世話になった目上の方にむかって、「お母さんなんか死んでも悲しくない、お父さんなんか死んでも悲しくない、〇〇先生なんか死んでも悲しくない・・・・・・」と暴言を何回も言ってしまったことがあります。
    しかし時がたち、自分も成長してきて、ある本を読んだら、{自分が人に言ったことはいずれ自分が人から言われる}というのを知った時、もし私が死んだとき、人から、「くっちゃんなんか死んでも全然悲しくない」なんて言われたらいやだな、さみしいなと思い、反省しました。これからの私の生き方次第だとは思うのですが、どうしたら、このカルマを解消できるでしょうか?今からでも、自分を愛して、出会う人を大切にしていくことでしょうか?

    Reply
  5. よしこ
    2012年10月7日 at 5:25 PM

    くっちゃん。。

    お久しぶりですね。。
    お元気そうで嬉しいです。。

    はい。大丈夫ですよ。。その通り。。
    今から、くっちゃんが自分をしっかりと愛してさしあげて、
    これから出会う人を大切に愛してゆけばよいのです。。
    それで、今生のカルマを来世に持ち越す事はないですよ。。

    Reply
    • くっちゃん
      2012年10月8日 at 10:16 AM

      よしこさん、いつもありがとうございます。感謝します。

      Reply

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です