フェアリー・ヒーリング・ブログ

9/14

Fairyたちとの出会い。。。

Posted by with 23 Comments

iStock_000004937668XSmall

こんばんわ。。よしこです。。
今夜は、Fairy healingが生まれたエピソードをお話します。。

 

 

それは、今から数年前のことです。。
私には、とても素敵な母がいました。。

 

 

私は小さい頃から甘えたさんで、
いつも母にくっついてばかりいました。。

 

 

とても大好きで、大切な存在の人です。。

 

 

そんな母がある時、私の目の前で突然、
くも膜下出血で倒れてしまいました。。

 

 

ある幸せな日に、突然起こった出来事でした。。

 

 

それから、手術を行い母はその時から昏睡状態となってしまいました。。

 

 

主治医からは、もう二度と意識が戻ることはないでしょうと冷たく言われてしまいました。。

 

 

それでもわたしは諦めることはなく、もう一度母のあの笑顔が見たい。。
そんな一心で毎日、病院で看病をしていました。。

 

 

ある日、霊能力がある友人が母の見舞いに来てくださりました。。
その時に、ふと彼女が気付いてこう言ったのです。。

 

 

「お母様の手の甲のところにFairyがたくさん来ている。。」

 

 

私もよく見てみました。。
そこにはオレンジ色をしたお花のFairyたちが、楽しそうにくるくると回ってダンスをしていました。。

 

 

彼女は私にすかさず聞きました。。

 

 

「なんで??」

 

 

実は、私の母は生け花の教室をしていて、若い頃からずーとお花たちと人生を共に歩んできていました。。
なので、幼少期の頃からいつも私の家にはお稽古で使うお花が花屋さんから届けられていて、
私たち家族はたくさんのお花に囲まれていたのです。。

 

 

母はとてもお花を愛していて、まさにお花の精ような人でした。。
なので、母がそういった状態になった時にFairy たちが母を癒しに現れたのでした。。

 

 

それから、私は毎日まいにちFairyたちと一緒になって病院のベッドで寝ている母に、ヒーリングを行いました。。

 

 

脳神経に支障をきたしているため母は意識を失い、ずっと寝ているように見えるのですが、
ヒーリング中に至福の中にいるような表情をしてくれたり。。
ある時は突然涙を流したり。。。

 

そうやって私はくる日もくる日も、Fairyたちとヒーリングをやっていました。。

 

 

今はもう、母は天国へ帰っていったのですが、それから私は自分自身を癒す必要がありました。
母の肉体がほろびてしまったことの悲しみに支配されてしまったのです。。

 

そして、ようやっと自分自身が癒されたと思った時に、天国の母はメッセージをくれたのでした。。

 

 

「あなたと同じように苦しんだり、悲しんだりしている人々をFairy たちと共に、ヒーリングをして差し上げなさい。。
あの時のように。。」


「みなさまのハッピィ・ライフのお手伝いをしなさい。。」 

 

 それから、私はサロンをオープンしました。。

悲しみのスパイラルにはまっていらっしゃる方々がいらしたら、そこから抜け出すお手伝いを。
何かにお一人で悩んでいらっしゃる方がいたら、その問題を解放するお手伝いを。。

 

 そんな風にFairy healingは誕生したのです。。

 

 

そしてFairyたちは今でも、あの時のように私と一緒になって今度はクライアントさまに
ヒーリングを行っているのです。。。

 

 

 




Tagged with: , , , , , ,

  1. かざみ きょうこ
    2012年9月14日 at 10:40 PM

    よしこさん。こんばんわ!
    素敵なお話をシェアしてくださって感謝です。

    よしこさんの素敵な笑顔の裏側にこんな体験があったのですね。
    わたしも私なりの体験を生かし、気持ちの良い人生を送っていただけるお手伝いをしていきたいと思っております。

    素敵なお出愛いを有難う御座います。

    Reply
    • よしこ
      2012年9月15日 at 12:08 PM

      きょうこさん。。
      ありがとうございます。。
      そうですね。。自分の体験が少しでも誰かのお役に立てたのなら、とても素晴しいことですね。。
      こちらこそ、きょうこさんと出会えてありがとうございます。。

      愛と感謝を込めて

      Reply
  2. 加藤小百合
    2012年9月14日 at 10:41 PM

    お母様との大切な最期の思い出をお話くださりありがとうございました。
    お花を愛する素敵なお母様だったのですね。
    それからブログお引越し おめでとうございます。
    これからもよろしくお願いします。

    Reply
    • よしこ
      2012年9月15日 at 12:11 PM

      小百合さん。。
      ありがとうございます。。
      今でも、お花を見ると母の笑顔がぽって浮かぶ事があります。。
      こちらこそ、このブログでもどうぞ宜しくお願いします。。

      愛と感謝を込めて♡

      Reply
  3. ayumi
    2012年9月15日 at 7:47 AM

    よしこさん、いつも愛あふれるメッセージをありがとうございます。

    昔から、ずーーーっと前からそうして頑張って癒してくれていたのに、
    気づかずに一人でネガティブなスパイラルに陥って、
    もがいても仕方ないんだ、流れに乗ろうと思った時、
    その存在を教えてもらえました。
    長い間、知らずにいてごめんなさい、そして、ずっとそばにいてくれてありがとう、これからも助けてね、愛しているよ。
    本当に頼もしい愛すべき存在ですね。

    Reply
    • よしこ
      2012年9月15日 at 12:13 PM

      コメントありがとうございます。。そうですね。。いつもずっとそこにいて、守って、愛して、励ましてくれていたのですね。。これからもずっと。。永遠に。。
      ayumiさんがやっと気付いてあげたので、きっと大喜びしていますね。。

      愛と感謝を込めて

      Reply
  4. かずちゃん
    2012年9月16日 at 8:50 PM

    よしこさんもお母さんへの思いを大切にしてこられたんですね。

    幸いにも僕の母は健在ですが、元気でいてくれることを
    当たり前のように思ってしまっていました。

    母への感謝の気持ちを日常の生活のなかで素直に表現できるように
    なっていきたいと思います。

    Reply
    • よしこ
      2012年9月17日 at 5:31 PM

      かずちゃん。。
      ありがとう。。私の体験でお母様がご健在な時から、感謝の気持ちや愛の気持ちを素直に表現することの大切さに気付かれてくださったのなら、とてもうれしいです。。

      Reply
    • よしこ
      2012年9月17日 at 5:33 PM

      一美さん。。
      コメントありがとうございます。。私も、お母様の回復をお祈りいたします。。素晴しい一美さんのお母様に感謝!
      こちらこそ、これからもどうぞ宜しくお願いします。。

      Reply

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です