フェアリー・ヒーリング・ブログ

12/4

アボリジニの聖地。。ウルル

Posted by with No Comments

20449809_s

 

 

こんばんは。。

いよいよ師走ですね。。

今年もあと一ヶ月。。

あなたにとってどんな一年でしたか。。

 

わたしは17日から冬至の遠隔ヒーリングセッションを行いにオーストラリアへと

旅立ちます。。

オーストラリアといえば、あのオレンジ色の一枚岩。。

エアーズロック。。ですね。。

今は、「ウルル」という風に呼ばれています。

なぜかというと、もともと先住民のアボリジニの言葉であそこは

「ウルル」という場所なんです。。

イギリス人の入植以来、あそこはエアーズロックと呼ばれていましたが、

今はちゃんとアボリジニに返還されていて、それで「ウルル」という

名前に戻ったのです。。

「ウルル」とは、世界の中心、地球のへそという意味なんですよ。。

アボリジニにとって「ウルル」は最高の聖地。。

何万年もの間ここで、数知れない儀式や通過儀礼が行われてきました。。

 

アボリジニは、とてもスピリチュアルな能力を持っている民族で、

例えば、携帯電話を使わなくてもテレパシーを使って

遠くにいる人と意思疏通を行うことができたりします。。

また、自分の望みを引き寄せる時は、天に向かってこのようにいいます。。

 

「もしも、この宇宙のすべてにとって良いことなのであれば、
わたしは今夜の食材を引き寄せます。。」

 

そうすると、目の前に今夜の食材となる獲物が現れるのです。。

 

この宇宙のすべてににとって良いことなのであれば。。
これが大切です。。

 

すべてにとって良いことしか起こらないからです。。

つまりこのとき獲物は、食材となることを喜んでいるのです。。

もちろん、アボリジニたちも宇宙の豊かさが自分たちの

血となり肉となることを喜びます。

 

そして、いつしか死にゆくときは、自分の肉体を

大地へと返しまた宇宙のためになることを喜びます。

 

 

宇宙のすべてにとって良いときに、それは現実化してゆくのです。。

個人のエゴや欲だけではだめなのですね。。

 

 

アボリジニは、基本的に物を持たない暮らしをしています。
物に対する執着という概念がないのですね。。
「これは私のもの。。」という所有するという概念もなんです。。
大地も空も、木もお花もみんなのものであるからです。。

 

 

お金を稼ぐなんてことはしません。
仕事をするのは、自分の天から与えられたギフトをただ、
宇宙のために使っているだけ。。
だから、歌が上手な人はみなの前ですてきな歌声を聴かせて
あげて人々を幸せに導きます。。

 

ヒーリングの才能がある人は、誰かが病気になったり怪我を
したときに、その人を癒します。。

 

狩りが得意な人は部族のために食材を調達します。
という具合。。

 

そういう概念でいたら、損得勘定は全く持たなくていいですね。。
それに、将来の不安を抱えている人もいません。。

 

なぜなら、生きてゆくために必要な全てはこの大宇宙からちゃんと
与えられるということを理解しているからです。。

 

誰かと競争をする必要もないし、誰が悪くて誰が正しいという
こともないのです。。

 

こんな、生き方していたらストレスなんてないですね。。

 

 

こんな生き方をどう思いますか?
これが本当のわたしたちの姿だと思いませんか?

 

 

いつ、どこでわたしたちはこの大切なことを忘れてしまったのでしょうね。。
いつから、勝った負けたと競争をし、人よりも優れていなくてはいけない。。
あの人はわたしのもの。。
家や土地や財産を所有しなくてはいけない。。

 

なんて風になっちゃったのでしょうね。。

 

もちろん、今の日本の中で生きてゆくにはルールがあるし、
お金も稼がなくては生活できなくなります。。

 

だけど、そんな中でもアボリジニたちのこの精神はわたしたち人類に
大切ななにかを教えてくれていると思いませんか。。

 

そんな本来のわたしたちの姿を失っていないアボリジニたちが最大の聖地として
崇めてきた場所、それがウルルなのです。。

 

゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜・*:.。. .。.:*・゜・*:.。. .。.:*・゜

2014年冬至の遠隔ヒーリングセッションは、このオーストラリア・ウルルより
12月19日(金)と22日(月)22時〜23時に行います。。
準備が出来次第、詳細ご案内しますね。。

゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜・*:.。. .。.:*・゜・*:.。. .。.:*・゜

 

今夜もすてきな夢を。。




Tagged with:

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です